小石川分館学術史料TOP > 関野フィールドカード

関野貞フィールドカード


関野貞フィールドカードは、東京帝国大学工科大学建築学科教授の関野貞が、日本を始めとして朝鮮、中国、インド、ヨーロッパなどの世界各地を調査した時に作成した記録である。

関野貞は、1868年1月10日(慶応3年12月15日,新暦明治元年1月10日)に、関野峻節とヤエの次男として新潟県高田で生まれた。1895年に帝国大学工科大学造家学科(のちに建築学科)を卒業し、1896年に古社寺修繕工事監督として奈良県に赴任した。1897年6月に古社寺保存法が制定されるとともに、奈良県技師に任命され、古社寺などの文化財の修理に活躍した。1901年に東京帝国大学助教授に任命されたが、これまでの5年間にわたる奈良での研究をもとに「平城京及大内裏考」を著し、1908年に工学博士の学位を取得した。1902年から朝鮮半島での古建築調査を開始し、1909年以降は毎年のように朝鮮古蹟調査をおこない、1916年からは朝鮮総督府の古蹟調査委員として文化財の調査と保存に活躍した。

1918年2月から1920年5月まで、中国、インド、ヨーロッパ諸国に留学し、帰国後に東京帝国大学工学部教授となった。1928年に60歳で停年退官し、1929年からは東方文化学院東京研究所の研究員として中国大陸建築の歴史的研究を担当した。

朝鮮、中国の調査はもとより日本国内の古建築調査も続けたが、1935年7月29日に急性骨髄性白血病で永眠された。最後のフィールドカードには、昭和10年7月8日の滋賀県都久夫須麻神社や同年7月10日の滋賀県西福寺書院、勧学院庭内石宝塔の調査が記録されている。

このフィールドカードは長らく東京大学生産技術研究所で保管されてきたが、2003年に総合研究博物館に移管して整理し、2004年には『東京大学総合研究博物館 所蔵 関野貞コレクション フィールドカード目録』東京大学総合研究博物館標本資料報告第53号としてカードのテキストデータを公開した。「箱番号」の01から62番がそれである。このほかに関野貞の子息である関野克(1945-1969年・東京大学生産技術研究所教授)が個人的に保管していた資料があり、そこにあったフィールドカードが400番台である。419から始まり465という中途半端な数字で終り、途中に欠番もあるが、これは関野克保管の資料全体につけられた通し番号を尊重して、カードのみを引き出したために必ずしも連番とはなっていない。この資料も現在は総合研究博物館に移管されている。

今回は『標本資料報告』のテキストデータに画像データを新たに加えて、旧関野克保管資料も追加して公開する。

01から62の箱番号は整理の過程で付けた番号で、箱には番号が書かれていない。「箱表書」が1つの箱の蓋に書かれた名前である。1つの箱の中には折り畳んだ厚紙に挟んでカードがグループ分けされているので、その厚紙に書かれた名前を「グループ名」とした。「紙番号」は1つの箱のなかでのカードの通し番号なので、グループを通してうった。

カード自体に書かれたデータは、「資料名」と「年月日」である。資料名はカードの右に書かれた題目をあげているが、題目が書かれていない場合は[ ]をして、そのなかに内容がわかる名称を適宜入れた。

調査カードは、クリーム色を呈するキャビネ版(縦12cm、横16.2cm)の大きさで、表に題目を記入する枠と方眼が印刷されている。そして、左下の小さな楕円形枠のなかに関野の銘が入っている。この特製のカードのほか、同じ大きさで白地に青色で方眼を入れたカードも使用されている。

なお、関野貞資料全体については、藤井恵介「関野貞資料と関野展の私的覚書」『文化資源学』4、2006に詳しく書かれ、「箱番号」62の「箱表書」日録については、関野貞研究会編『関野貞日記』中央公論美術出版、2009に活字化されている。(早乙女雅博)