UMDB_Chiri 佐藤久コレクション

佐藤久名誉教授年譜

1920年(大正9年) 4月1日秋田生まれ
1941年旧制水戸高等学校卒業
 同年東京帝国大学理学部地理学科入学
1943年田山利三郎博士のニューギニア調査団に加わる(1月~7月)
 同年東京帝国大学理学部地理学科卒業、大学院特別研究生となる
1944年陸地測量部嘱託となり、空中写真判読資料の整備、実習生への指導にあたる
1945年8月陸地測量部が松本市へ疎開
1949年理学部地理学科講師
1950年「空中写真による土地調査と写真判読」執筆(日本写真測量学会)
1950年代~アンデス山脈の地形研究に取り組む
1951年「断層の地形学的研究」で理学博士取得
1952年助教授就任
1958年~東京大学アンデス地帯学術調査団に参加
1961年教授就任
1980年退官
2020年(令和2年) 3月23日 永眠

資料の概要

空中写真、空中写真判読資料、地図、ペルー調査時の写真帳などを含む。

(1)空中写真

 収納する紙袋の記載から中国方面を撮影した空中写真がほとんどと思われるが、正確な撮影地域、枚数等の把握には至っていない。

(2)空中写真判読資料

 空中写真と判読のための解説がまとめられたもので、太平洋戦争直前から終戦までの間に作成された。「将校教育用 空中寫眞判讀資料」(陸地測量部、昭和15年度)や、「中支那方面判讀資料」(支那派遣軍總司令部、昭和16年)、「ラングーン及モルメイン附近判讀資料」(第二課第五班)など計11冊。そのほかには、地形の種類別に地形図上に解説を書きこんだ「各種地形ト其ノ現図著眼 其ノ二」(陸地測量部)もある。

(3)地図

 終戦以前の陸地測量部や参謀本部製の地図を多く含む。台湾図(臨時土地調査局、明治37・38年調製)(4枚)や一万分一・五千分一演習場図(陸軍歩兵学校・陸地測量部、昭和4~16年)(7枚)など、太平洋戦争以前の軍関係の地図に加え、マリアナ諸島及びカロリン諸島の十万分一図(参謀本部、昭和18年製版)(16枚)、小笠原諸島(1枚)及び千島列島(29枚)の五万分一陸海編合図(参謀本部、昭和19年製版)、二十万分一南西諸島兵要地誌資料図(参謀本部、昭和19年調製)(2種類)など、大戦の後半に製作された軍事関係の地図が多い。また、旧版五万分一図(国内)(436枚)も含まれる。

(4)ペルーにおける写真

 ペルーで撮影された写真が8冊の写真帳に収められている。それぞれに番号が付され地名やメモ書きが記されているが、残念ながら撮影年月日の記入がない。故佐藤名誉教授は、東京大学アンデス地帯学術調査(1958年~)に参加しているが、一方で独自に1950年代にアンデス山脈の地形研究を行っており、これらの写真がどちらのものか確証がない。



佐藤久コレクション:リスト →